最近の記事
(02/20)桜の季節がやってきます
(02/02)1月の販売状況
(12/17)「クリスマスケーキのスノーマン」の写真 その2
(12/12)プルメリアを枯らしてしまいました。
(12/01)11月の販売状況
(11/20)「藻岩山の紅葉」の写真
(11/10)プルメリアの温室を作ってみました

2013年10月27日

台風に備えてプルメリアを移動しました。

こんばんは。

週末にまた台風がやってきます。

今度は2個(個でいいのかな?)も。

 

お互いが影響しあって、進路や速度がはっきりしない。

こんな台風には困ってしまいます。

IMG_0631

 

まぁ、過去の経験を活かしてプルメリアの移動です。

このまま、室内に置いておこうかと思います。

まだ、花が咲いていて花芽も残っているので、もう少し楽しめそうです。

 

では、また。

こちらの本も参考になります。





posted by sato_shige at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | プルメリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

「モミジ」の写真

こんばんは。

今日の写真は「モミジ」です。

モミジ

季節がらそろそろ紅葉の時期ということで、モミジの写真をアップしました。

今年は毎週のように台風が接近してきて、なかなか紅葉の写真を撮りに行く機会がありません。

過去に撮った写真から現像してみました。



2009年の11月に伊豆の修善寺に行った時に撮影した紅葉です。

ちょうど、見ごろを少し過ぎて落葉を迎えた頃だったと思います。

天城越えの歌詞にあるように、「山が燃える〜♪」状態だったような・・・



この年以降は2010年10月に山形蔵王に紅葉を撮りに行っておりますが、時期的に少し早く色付いて来た程度の紅葉でした。

それ以降は、紅葉の写真を撮っていません。

今年は、紅葉の写真を撮ろうと考えていましたが、現在まで機会を逸してます。



まだまだ、チャンスはありますのでトライしてみたいと思っています。



撮影情報

NIKON D40X 2009/11/25 – 15:17:46

シャッタースピード:1/13 秒

F値:f/4.8 ISO:400

レンズ焦点距離:105.0 mm

レンズ:DX VR ズームニッコール ED 55-200mm F4-5.6G(IF)

撮影地:静岡県伊豆修善寺

では、また。



posted by sato_shige at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

プルメリアの枝分かれ

こんばんは。


今日は、最近Twitterで交流をさせていただいている、「ひでぴょん」さんのブログを紹介させてただくのと同時に私の育てているプルメリアについて考えてみたいと思います。


「ひでぴょん」さんのブログはプルメリアについてのブログで、ご自宅で栽培されているプルメリアの状況から初めての方でもわかりやすい育て方が記事として掲載されています。

 

「ひでぴょん」さんのブログはこちらです。

http://ameblo.jp/hidepyon001/entrylist.html

 

プルメリアをこれから育てようと思う方は参考にされるといいと思います。

わたしも参考にさせていただいています。

 

まずは、「ひでぴょん」さんのブログ記事 ≪こうなって枝分かれするよ プルメリア≫にあるようにプルメリアは花芽が付いた時にのみ花芽の脇から枝分かれします。(脇芽が出てきます。)

この脇芽はだいたい1ヶ所〜3ヶ所程度付きます。

プルメリア1年目イエロー プルメリア1年芽枝分かれ

さて上の写真です。

 

左の写真は、今年7月に挿し木した1年目のプルメリアです。

よく見て挿し木苗を買ったつもりだったのですが、花芽がついていたんですね。

挿し木して間もなく花芽が出てきて黄色の花が咲きました。

 

花芽が成長してきた時は、暫くしたら落ちるだろうと思って放置していました。

自分で育てたプルメリアの花を見たことがない私にとって、1年目で花が咲くとは思っていませんでした。

 

右の写真は、その花芽が落ちた状態です。

挿し木して葉が開く前に花芽が出てきてしまったので、脇芽が形成されていません。

また、根が十分に成長しているかどうかもわかりません。

 

葉が少し成長した状態で、その後の栄養分が花芽に行ったと推測しています。

今後は、温度(気温)管理をし、水の遣り過ぎに注意しながら観察をしていこうと思っています。

 

どうなるのか?1年目のプルメリア。

 

では、また。

 

こちらの本も参考になります。




posted by sato_shige at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | プルメリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。