2013年12月12日

プルメリアを枯らしてしまいました。

こんばんは。

今日は、失敗談を書きます。

 

タイトルの通り、プルメリアを枯らしてしまいました。

今年挿し木をして、いきなり花芽を付けて花を咲かせた苗です。

プルメリア1年目イエロー

写真のように花は咲きましたが、葉が成長していませんでした。

 

花芽が落ちて暫く経ったある日、葉になる所が黒くなって落ちるという現象が現れました。

プルメリア1年芽枝分かれ IMG_0649

嫌な予感がして苗木に触れると、案の定、幹の部分が柔らかくなっていました。

IMG_0650

上の写真は、柔らかい部分で切った時の幹の中です。

空洞が出来てスカスカな状態でした。

IMG_0651

残った先です。

まだ、元の方が茶色く変色しています。

茶色い部分は恐らく腐敗している状態だと思われます。
IMG_0653

さらに切ってみました。

まだ、中が茶色くなっています。

IMG_0654

この状態でも怪しいですが、これ以上は切れないと判断し感想をさせてみることにしました。

 

暫くして感想状態を確認したら、切り口は腐敗し、干からびた状態になってしまいました。

また、元の幹を鉢から上げてみたら、発根していましたが、根が成長していませんでした。

 

挿し木をして花芽が成長してしまったら根と葉と花に栄養分を満遍なく配分するのは、難しいと思いました。

もともと、花芽は成長しないで落ちるだろうと思って育ててましたが、初めから落としてしまえばと今になって思います。

私の感想としては、やはり葉が成長して5〜6枚になるまでは安心できないなという感じです。

 

皆さんのプルメリアはどうでしょう。

コメントをいただけると幸いです。

 

■プルメリアの幹が柔らかくなってしまったら


@幹を指で押してみて、硬い部分を探してください。

A硬い部分の少し上を、カッター等で数ミリキズを付けてください。

B白い樹液が出てきたら、そこで思い切って切ってください。

透明または茶色い液が出てきたら、もう少し上にキズを付けて確認してみてください。

C切り口をよく乾燥させてください。

D切り口にカルスが出来たら、暖かい時期に挿し木をしてください。

切った先が適当な長さであれば、発根すると思います。あまりにも短いと発根しない確立が高いそうです。

 

※プルメリアの樹液は毒性がありますので、注意してください。

目や口に入らないように注意して、手や衣服に付いた場合はよく洗ってください。

 

では、また。

 

こちらの本、参考になります。








posted by sato_shige at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | プルメリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。